お問い合わせ初めての方へ
学校案内 講師の紹介 開講スケジュール クリスタルヒーリングとは クリスタル・ストーン辞典 チャクラ・オーラ辞典 ブログ メルマガ

無料メルマガ

クリスタルヒーリング体験会

クリスタルアドバイザー養成講座

木村衣晴 個人鑑定

ワークショップのご案内
 
 
 
日本ホリスティックウェルビーイング協会
プリモディアルサウンドメディテーション
クレジットカード

上記クレジットカード(VISA・Diners・MASTER・JCB・AMEX)をご利用いただけます。

 
 
 

第一チャクラ


あらゆるチャクラの旅は基底のチャクラである第一チャクラから始まります。このチャクラは人体の他の全システムの安定を左右する基礎であるからです。基底のチャクラは肉体的な欲求と人間の基本的な生存に関わります。肉体の健康と深く関わっているため、このチャクラを整えると、肉体が調子よく健康であることの大切さを実感します。さらに、食欲・睡眠欲・性欲・自己防衛・種の保存など人間の本能を司ります。

第一チャクラは肉体的安心と関係します。このチャクラの発達時期である幼少の頃基本的欲求が満たされたという経験が、このチャクラの発達と安定に大きな影響を及ぼしています。又、情緒的安心は集団への帰属意識から起こります。家族・友人とそのグループ、クラブ・チームなどの集団に適合し安全に帰属しているという意識は、社会の一員として生存しているという安心と、ひいては人生に安全に迎え入れられているという内的・外的安定につながります。このチャクラの停滞を象徴する原型は犠牲者に例えることができます。犠牲者は攻撃されやすく、防御の仕方を知りません。相手に影響や変化をもたらしたり、状況をうまくコントロールする力が自分にはないと感じ、常に自ら、外的状況の犠牲者に追い込まれてしまうのです。このネガティブな原型を変えるには、人生において精神的に自力で立ち上がることです。自らの状況を他人のせいにすることをやめ、自分の人生に責任を持ち、依存を断ち切ります。

チャクラの特徴:チャクラは開きすぎていても、閉じていても機能障害を引き起こします。
チャクラはバランス良く開かれ、適度なスピードで回転していることが望ましいのです。又、危険を感じたり、他者のエネルギーの影響を避けたい時などは、柔軟に開閉できることが大切です。
以下にチャクラが開き過ぎていたり、閉じて滞っている時、又、バランスのとれた状態の特徴を書きます。

開きすぎる(チャクラの回転が速すぎる)
いじめる。実質主義に傾きすぎる。自己中心的。肉体を酷使する。
滞っている(チャクラの回転は遅いか、全く動かない)
情緒に豊かさがない。自尊心が低い。自滅的な行為。恐れる。
バランスが整っている(チャクラは安定し、正しい振動速度で回転を続けます)
克己心がある。高い肉体的エネルギー。グラウンディング。健康

色:赤
位置:背骨の一番した。肛門と性器の間。
元素:土
情緒的機能障害:無気力。集中できない。目標達成が困難。
社会的な関わり:部族のパワー。家族のアイデンティティ。
主題:生存。肉体的欲求
発達年齢:1歳~8歳
クリスタル:めのう。ブラッドストーン。タイガーアイ。ガーネット。ルビー。ヘマタイト。オニキス。スモーキークオーツ
 
△Back to Top